キャッシングで借りたお金に時効はあるのか

急な出費があったときなどはキャッシングは融資も早いのでとても便利な存在です。

そして、お金を借りた場合は、その元金とともに利息もつけて返済していかなくてはいけません。

多くの人は順調に返済を行っていますが、なかには何らかの理由で返済ができず、延滞してしまう場合もあります。

そして、キャッシングで借りたお金には時効があるのかということとなりますが、5年程度で時効となり、返済の義務がなくなるとされています。

とはいえ、その間返済しなくて良いのかというとそうではなく、その間も請求は来ますし、ときには裁判所を通した請求行為が行われることもあり、簡単に成立させられるものではありません。

そして、もし、借金を払う義務がなくなったとしても、その後は信用力が落ちることとなりますので、新たにクレジットカードを作ったり、キャッシングを利用することは難しくなると言えます。

やはり返済は延滞したりせずきちんと行い、信用力を落とさないように心がけましょう。
詳細はこちら(⇒visaキャッシングVC20)のサイトで!